働き人のいいぶん

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都議選・・・自民党の大敗と右翼政党「都民ファーストの会」の躍進について思う・・・7月4日号

<<   作成日時 : 2017/07/04 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京都議選・・・
自民党の大敗と、
右翼政党「都民ファーストの会」の躍進について思う・・・


 東京都議会選挙で、自民党が大敗した。しかしそれに代わって登場した「都民ファーストの会」というのは、安倍政権と同じ正真正銘の右翼政党である。
画像

 小池百合子東京都知事は、3日、地域政党「都民ファーストの会」の代表を辞めて、後任は野田数(かずさ)氏にすると発表した。

 この野田数氏(43)は、もともと自民党、東京維新の会、日本維新の会を渡り歩いてきた人物。
画像

 野田数(かずさ)氏
「日本国憲法無効論」をとなえ、2012年には「大日本帝国憲法復帰請願」を東京都議会に提出した。
その中で「我が国の独立が奪われた時期に制定された」と現行憲法の無効を主張。
皇室典範についても「国民を主人とし天皇を家来とする不敬(ふけい)不遜(ふそん)の極み」
「国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄(ほうき)」すべき、と主張した。
 また、新しい歴史教科書をつくる会から分かれて発足した日本教育再生機構の常任理事を務めた。

 こんな時代錯誤もはなはだしい右翼のドアホが、「都民ファースト」の代表である。

 小池百合子自身、右翼の改憲論者であり、今後、国政に進出すれば、安倍政権と一緒になって憲法改悪に乗り出すことは明らかである。

 大阪維新の会も大阪府や大阪市では自民党と分かれているが、国政では安倍政権の忠実なポチになっている。

 おそらく右翼陣営もポスト安倍をにらんで、新しい右翼政党を模索するだろう。次の衆議院選挙で自民党が敗けたとしても、それに代わるのがもっとひどい右翼政党ではえらいことになる。

 安倍政権を批判すると同時に、それにとって代わる政権構想を打ち立てる必要がある。

 平和憲法を守る、格差のない、差別のない、外国軍の基地を置かない、原発のない、努力すれば報われる、そんな社会をめざす、そんな社会をめざす団体個人は誰でも参加できる、そんな連合戦線的な政権構想を打ち立てる必要がある。今こそ、小異を残して大同につく思想性が求められている。
(砂山)



あれから80年、
7月7日は何の日?


 7月7日は七夕(たなばた)の日だが、日本の歴史の中には、忘れてはならない7月7日がある。それは1937年7月7日、盧溝橋事件だ。

 日本軍が謀略でもって中国への全面的な侵略戦争を開始した日である。

 日本軍はどんどん南下し、天津、上海、南京へと侵攻した。中国侵略では最大200万人の軍を投入し、奪いつくし、焼き尽くし、殺しつくす、恐ろしい三光作戦を実施した。12月13日には南京に入城した。南京というのは当時の中国の首都だが、その南京で何の罪もない中国の人を30万人虐殺した。
画像


 その時、日本の国内では「南京陥落(かんらく)」を祝って全国各地でちょうちん行列が行われた。当時、日本国内では、南京で何が行われているか、何も知らされていなかった。

 その日本の中国侵略の証拠が大阪城にある。
画像

中国の明代に作られた白玉石の狛犬(国宝級)

 当時大阪城は、その周辺一帯が大阪砲兵工廠(ほうへいこうしょう)という、兵器工場群があったところ。侵略戦争の拠点だった所である。

 大阪城西ノ丸庭園北門にある一対の白玉石の狛犬は、1937年7月末、日本軍が天津を爆撃して侵攻した時、天津市政府庁舎から略奪してきたものだ。そして1938年、西宮球場とその外苑で行われた「支那事変聖戦博覧会」(大阪万博にひってきするような大規模な博覧会だった、連日10万人規模の入場者)に、戦利品として展示された。
画像

(博覧会の入り口は南京城を模したレプリカ)

 しかし、今、こま犬の前にある説明板には、そうした侵略戦争の事実も、このこま犬が略奪されてきたものだという事実も全く書かれていない。
画像

 大阪市に歴史の事実を書くように請願したが、事実を書くことも、反省の言葉、平和への誓いの言葉を書き込むことも、拒否している。

 侵略戦争の歴史をしっかりと受け止め、新しい時代の戒めとする姿勢がない限り、近隣諸国と付き合うことはできないし、そもそも政権をになう資格はない。

 日本国憲法はそのことを条文に書き込んでいる。

 もうすぐ、80年目の7月7日、12月13日がやってくる。

 安倍政権とそのとりまきの右翼たちが、いかに歴史をゆがめているか、それを明らかにし、新しい世代に伝えていかねばならない。 

・・・・・・・・・・・・・・

 自民党も国会閉会中審査に応じざるをえなくなった。

 ここで審査されるだろう、森友学園、加計学園の問題。

 森友学園も加計学園も、理事長は日本会議との関係が深い。安倍首相とは右翼の友達だ。

 稲田防衛大臣の「防衛省、自衛隊、防衛大臣としてお願いしたい」発言、すべて憲法と歴史認識の問題がからんでいる。

 右翼が国有財産を独り占めにしようとしている実態をあばきだそう。 
(いんば)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京都議選・・・自民党の大敗と右翼政党「都民ファーストの会」の躍進について思う・・・7月4日号 働き人のいいぶん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる