働き人のいいぶん

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍政権打倒の闘いは、ここから始まる! 6月13日号

<<   作成日時 : 2017/06/15 17:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍政権打倒の闘いは、ここから始まる!

 今週で国会は会期末を迎える。安倍政権は「加計学園」で「知らぬ存ぜぬ」を押し通し、「共謀罪」は強行採決で通すつもりだろう。「国会が終わって時間がたてば国民は忘れてくれる」と考えている。

 しかし、今回ばかりは、国民は黙ってはいないだろう。この問題は、安倍政権が倒れるまで、闘いは何年でもつづくはずだ。そう覚悟を決めている人が私の周囲だけでも何人もいる。全国では何万、何十万といるに違いない。

 この問題は、時間がたてばたつほど、問題の大きさが見えてくる。森友学園で安倍のお友達が軍国主義小学校を作るのを、国の財産をコッソリ使ってやろうとしたがバレて失敗した。

画像

(結局認可されなかった瑞穂の国記念小学院)

画像

(国会で証人喚問を受ける籠池前理事長)

 加計学園の問題では、日本では獣医師の数は足りているから新しく獣医学部を作る必要はないという厚労省や獣医師会の意見を押しつぶし、

 無理矢理、安倍のお友達のために、お友達が経営する大学に獣医学部を建設することを進めた。

 そのために、建設地である愛媛県今治市は、加計学園に36億円の土地を無償で提供し、市や県が建設費の半分に当たる96億円を補助する。学部ができれば、私学助成費として国の税金が流れ込む。

 さらに出てきたのが、安倍のお友達のジャーナリスト、山口敬之(やまぐち のりゆき)が準強姦事件を引き起こしたのに、お仲間の警察官僚を使ってもみ消そうとした事件。(下の写真は山口敬之)
画像


 これは被害者の女性が決意してこのジャーナリストを検察審査会に不服を申し立てたことで世間に知れることとなった。

 そして今また、「第3の森友」と言われるのが千葉県成田市の国際医療福祉大学の医学部用地取得の問題だ。

画像

(理事長の高木邦格(くにのり))

 理事長の高木邦格は安倍首相とは深い関係。加計学園と同じく、「国家戦略特区」で38年ぶりに医学部の新設が認められた。(今年4月に開設)(正確には震災復興を名目に同じく特例で認めた「東北薬科大」16年4月開設を除き)。成田市は23億円相当の土地を無償貸与。また建設費用の約半分の約80億円も市・千葉県で補助金を出し負担した。

画像

(5月22日の国家戦略特区諮問会議に出席した竹中氏 朝日新聞社)

 そしてさらに問題になっているのが、昨年7月、神奈川県の「国家戦略特区」で、家事支援外国人受け入れ事業について、大手人材派遣会社のパソナが事業者として認定された。パソナの会長は竹中平蔵氏。小泉政権では金融担当大臣、郵政民営化担当大臣などをつとめ、現在、安倍政権では、「国家戦略特区諮問会議」の民間議員。

 自分で決めて自分がもうけるというのは、絵にかいたような不正である。こんなことが許されるのか?

 加計学園の問題で政府は、「岩盤規制で岩盤にドリルで穴をあけたら、たまたまそこに加計孝太郎がいただけだ」と言っているが、岩盤に穴をあけたら、そこにしたたり落ちる甘い汁を口を開けて待っているのは、いつも安倍首相のお友達ばかりである。

 森友学園、加計孝太郎、高木邦格、竹中平蔵・・・・。

 これまで明らかになっただけでも、何百億円という国の財産が安倍のお友達に垂れ流しになっている。

 これはたんなる汚職の範囲をこえている。日本の国を盗人に自由にさせるのかどうか?

 色々なところで人々が立ち上がっている。加計学園のために自分たちの税金を130億円もむしりとられることになる今治市民。同じく高木邦格の大学に税金を100億円以上取られた成田市民。すでに損害賠償訴訟を起こしたりして立ち上がっている。

 そして何より、これは日本国民の問題だ。安倍政権を退陣させ、とりあえず野党4党の連立政権を樹立しよう!まだ不十分で未熟な政権になるのは仕方ないが、泥棒政権よりはましだ。(いんば)


今日にも共謀罪を強行採決か?
安倍政権は世界から孤立する!


 今日の国会で、共謀罪を強行採決するかもしれないという予測が流れている。とんでもない話だ。

 朝日新聞の世論調査では、共謀罪については、法案の内容を知らないが68%、政府の説明は充分でないが78%だ。

 そもそも、政府の説明は時間とともにドンドン変わっている。最初は「一般市民は共謀罪の対象ではない」と言っていたのが、「一般市民も対象になる」と変わったりしている。

 そもそも、まだ犯罪が行われていない段階で、これから犯罪を行うかも知れない人間をパクれる法律を作るというのだから、全ての市民が監視の対象になるのは当然だ。

 電話もメールも盗聴される、盗聴されても文句もいえない。尾行されたり、おとり捜査もされる。

 そういうことを何とかごまかそうとしているが、それはすでに多くの国民が見透かしている。

 国連からも批判されている。

 日本ペンクラブや国際ペンクラブからも批判されている。

 安倍政権は何で、国際的にこんなに危険視されているのだろうか?それは、これまで、靖国神社に参拝し、軍国主義を賛美する言動を知っているからだ。

 安倍政権は世界中から極右の危険な政権として、監視の対象になっているということを知るべきだ。

 共謀罪は国内問題だと思ってはならない。もし共謀罪を強行採決すれば、安倍政権は、軍国主義を復活させようとしている政権として、アジアからも世界からも孤立するということを知るべきだろう。

 トランプのアメリカは今や世界中から信用されなくなっている。

 安倍はその後を追うつもりらしい。
(砂山明)



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍政権打倒の闘いは、ここから始まる! 6月13日号 働き人のいいぶん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる