働き人のいいぶん

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相のお友達、強姦事件を起こしても不起訴!? 6月6日号

<<   作成日時 : 2017/06/07 20:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍首相のお友達、強姦事件を起こしても不起訴!?
警察、スパイ、総動員のもみ消し工作!
安倍王朝の暗黒支配の実態が見えた!


 2015年4月にジャーナリスト・山口敬之(のりゆき)氏から準強姦被害に遭ったという女性・詩織さん(28)が5月29日、検察の不起訴処分を不服として検察審査会に審査を申し立てた。
・・・この山口敬之というジャーナリストは、「総理」という本も書いたりして、「安倍首相の犬」ともささやかれる「安倍首相のお友達」。

 申し立て後に司法記者クラブで記者会見を開いた。詩織さんは、「結果が私にとって受け入れられるものではなかった。捜査で不審に思う点もあった」と不服申し立ての理由を話した。この一件は、週刊新潮で報じられ、大きな話題となっている。
画像

実名で会見した詩織さん(姓は非公表)

 彼女はジャーナリストを志望しており、2015年4月、以前ワシントンで知り合ったジャーナリストの山口敬之氏に就職のことを相談した。呑み屋に誘われ、二件目のすし屋の途中から意識がなくなった。(記憶が欠落している。)彼女は酒には強く、当日の飲酒量(日本酒2合とビールをグラスで2杯、これを二人で飲んだ)では絶対に泥酔することはないという。彼女は、薬物を飲まされるかして意識を失わされた上でホテルに連れ込まれたと訴えている。翌朝痛みで気がついたら、ホテルで裸にされ、山口が馬乗りになっていたという。(山口は性行為そのものについては認めており、「最初は二つのベッドで別々に寝ていた」と言っているが、当時担当したホテル従業員は、「ベッドは一つしか使われた形跡がなかった」と証言している。)
画像

準強姦容疑の山口敬之氏

 詩織さんは事件の後警察に相談したが、なかなか取り合ってくれなかったといい、自分で独自に取材して、タクシー運転手の証言(彼女は運転手に「近くの駅で下してくれ」と頼んだが、山口が「先にホテルへ行ってくれ」とさえぎったことなど)やホテルの防犯カメラの写真を入手した。防犯カメラには、山口が、脱力して無意識状態の彼女を抱えてホテルに入る姿が映っているという。

 警察も捜査に乗り出し、逮捕状も出て、捜査員が山口敬之を逮捕しようとした寸前、警視庁刑事部長の中村格(いたる)から担当の捜査員に電話が入り、逮捕することができなかったということが、その捜査員から詩織さんに伝えられたという。(この事実関係は中村自身が認めている。)
画像

中村格(いたる)警視庁刑事部長(当時)

 山口を不起訴にした警視庁刑事部長の中村格(いたる)は、菅官房長官の元秘書。今の役職は警察庁刑事局組織犯罪対策部長、つまり、「共謀罪」が成立すれば、この法律を使うトップになる人物。将来の警察庁長官とも目されている。

 準強姦事件で訴えられている山口敬之は、週刊新潮に取材を申し込まれた時、その直後に、誤って、北村滋(しげる)内閣情報官にあてたメールを週刊新潮に誤送信した。
その内容は、
「北村さま
週刊新潮より質問状が来ました。
〇〇の件です。取り急ぎ転送します。山口敬之」(〇〇は女性の実名)というもの。
このメールをみると、「〇〇の件」だけで北村がわかるということは、これまでも山口と北村は、この件でしょっちゅう連絡をとっていたということだ。「何とか助けてくれ」という山口の心の声が聞こえてきそうなメールだ。内閣情報調査室というのは警察の出先機関みたいなものだから、警察が刑事事件で訴えられた側と情報を共有していたということになる。

 北村滋内閣情報官は、内閣情報調査室のトップ。第二次安倍内閣発足から5年以上務める現職。2017年の「安倍首相動静」に54回も登場する。要するに3日に一回は安倍首相と会って話をしていることになる。名実ともに安倍首相の懐刀(ふところがたな)。これまでも、蓮舫や鳥越俊太郎のスキャンダルを週刊誌にリークして安倍政権を援護してきたといわれている。
画像

北村滋内閣情報官

 森友学園事件、加計学園事件では、自分のお友達に国家の財産を湯水のごとく垂れ流し、この山口敬之の事件では、身内の犯罪に対しては、警察やスパイ組織のトップを使ってでももみ消す。

 こうした連中が「共謀罪」を通そうとしているのだ。好き勝手に盗聴や尾行をやり、どんな手段を使おうとも、政敵をけちらかし、お友達の利益のみを追求するのだろう。

 まさに安倍王朝の暗黒支配の実態である。この暗黒支配に敢然(かんぜん)と立ち上がった詩織さん、そして元文部省事務次官の前川喜平氏、彼らを孤立させてはならないと思う。(いんば)                         
 

韓国釜山の森本総領事が電撃的にクビ!・・・知人とメシを食いながら安倍首相を批判したという理由で・・・

 韓国・釜山の森本康敬総領事が事実上の電撃更迭されたことが波紋を広げている。

 昨年12月、慰安婦問題を象徴する「少女像」が釜山の日本大使館前に設置されたが、日本政府はこれに抗議して森本氏と長嶺駐韓大使を今年1月から約3カ月間帰国させた。森本氏はこの政府の対応に不満だったらしく、知人とメシを食っているときにこのことを話した。それが何故か官邸に話が漏れ、それが理由で電撃的に首になったという。

 官邸は秘密警察を使って日常的に官僚の言動をすべて監視している。歯向かうものは首だ。

 「共謀罪」はこれをすべての国民に広げるものである。安倍を批判するものはいつでも、どんな微罪ででも逮捕する。まさに戦時中の治安維持法下の暗黒社会と同じだ。       (永井)

集会のお知らせ
「森友学園事件、政府とメディアの幕引きを許さない!」シンポジウム
菅野完(すがのたもつ)著述家・籠池泰典氏に密着取材
木村真(きむらまこと)森友学園の土地問題を告発
宮本岳志(みやもとたけし)日本共産党衆議院議員
醍醐聡(だいごさとし)東大名誉教授
6月10日(土)午後1時半開会
西宮勤労会館
参加費1000円
事前予約制 電話078−351−0914 携帯090−5054−7171
主催NHK問題を考える会〈兵庫〉

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相のお友達、強姦事件を起こしても不起訴!? 6月6日号 働き人のいいぶん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる