働き人のいいぶん

アクセスカウンタ

zoom RSS センターの移転問題で大阪府と話ました 2月14日号

<<   作成日時 : 2017/02/13 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

センターの移転問題で
大阪府と話ました


 昨年12月6日、大阪市、大阪府、厚生労働省の3者に対して「『あいりん総合センター』の本移転のビジョンなき仮移転に反対する署名」(署名総数2879筆)を提出しました。

 しかし、それに対する回答は、大阪市からは来たものの、的外れなとぼけた内容で、こちらの要請には何も答えておらず、大阪府、厚生労働省からは返事も来ないという始末。

 そこで再度、府と国に対して回答するよう要請の文書を送ったところ、大阪府からこちらへ出向いて来ると返答があり、2月7日、医療連の事務所で話し合いを持ちました。大阪府からは商工労働部の地村氏とシバ氏が出席しました。

 話し合いの中で明らかになったこと、および府に対して再度要請したことです。

1、昨年末に大阪市からきた回答は、大阪府なども含めて、「町づくり会議」としての回答だったということです。大阪市からの回答文書にはそのようなことは書かれていなかったので、いかに大阪市がいい加減かが明らかになりました。

2、これまでセンターの直接の関係者(労働者、求人業者、居場所としての利用者、食堂や売店などの業者など)には、この間の移転についての経過は広報されていません。「労働施設検討会議」は、傍聴を許可していないし、議事録は公表しているが誰の発言か明らかにせず、発言をか条書きにしているだけなので、何のことかさっぱり分からない。インターネットで知らせているというが、インターネットを利用できる労働者はごくわずかで、直接の利害関係者が蚊帳(かや)の外(そと)に置かれている。
これについて改善すること。

3、センターでの説明会を行うこと。大きな貼り紙などで広く知らせることも必要だし、質疑応答の中で、労働者はじめ利害関係者の意見を直接聞くことが重要。「大阪府としては、こういう意見もあるということで、検討会議にも必ず提案します。」ということでした。

 他に、センターを移転する場合、予算の裏付けはどうなっているのか?という質問には、要領を得た回答はありませんでした。「前市長の提案だから、彼の発想からすれば、今のセンターの敷地半分の売却代金を当て込んでいるのではないか?という意見もありましたが、「わかりません」ということでした。

話し合いに参加した人の多くの意見は、
「労働施設検討会議」で、センターの移転問題を話し合っているというが、メンバー27名の内訳を見ると、直接の利害関係者はほとんどいない。地域の町内会長やら行政関係者が3分の2くらい占めていて、労働者の意見を代弁できるような人はごく少数。そんなところでセンターのことを勝手に決めてよいのか?もっと労働者の意見を直接聴いてほしい。ということでした。(報告インバ)



えっつ!坪単価4万9千500円!
国が私立の小学校に売った土地代金


 2月9日、および11日の朝日新聞の記事によると、豊中市で建設中の私立の小学校「瑞穂の国記念小学院」に対して財務省近畿財務局が売った土地代金が問題になっている。
近畿財務局は当初、なんぼで売ったか、情報公開を拒否していたが、朝日新聞の9日の記事がでたあと、一転して公表した。それによると、8770uの土地を1億3400万円で売却したという。すぐとなりに豊中市に売却した9490uの公園(野中中央公園)があるが、これは14億2300万円で売却している。ちょうど10分の一の値段である。

画像


 この小学校を建設した森友学園は、大阪市淀川区に塚本幼稚園を経営しており、園児に「教育(きょういく)勅語(ちょくご)」を暗唱させたり、「海ゆかば」(大君(天皇)の足もとで死のう、という歌詞)という軍歌をうたわせたりしている学園です。そしてこの「瑞穂の国記念小学院」の名誉校長は、安倍首相夫人の安倍昭恵さんです。
画像


画像

(2017年2月12日撮影)

 朝日新聞によると、近畿財務局はこの売却代金を公表した際に、土地代金の算定を次のように説明した。

 鑑定価格は9億5600万円土だったが、地下に大量の生活ゴミが埋まっていた。そのゴミの撤去処理費として、8億1900万円と、撤去で工事が長期化する損失を差し引いて1億3400万円で売ったという。

 朝日新聞によると、2011年にこの土地の取得を希望すると国に伝えていた別の学校法人は、12年4月に国交省から「大量の埋設物がある」と知らされ、ゼネコンに見積もりを依頼したところ、土地代金7億から8億、撤去費用2億5千万円ということで、5億8000万円という購入希望額を伝えたが、財務局から低いと指摘され、断念したという。

 8億円を超える撤去費になったことについて財務局は「森友学園による基礎工事中、さらに大量の埋設物が地下にあることが分かった」と説明しているという。

 これらの記事を読んで、不可解な点がいくつかある。

 撤去費用が、前の学校法人の見積もりだと2億5000万円、それで「工事中、さらに大量の埋設物があった」としても、それで一挙に5億5000万円も増えるのか?

 森友学園は最初、定期借地契約で工事を始めたが、16年の3月になって「購入したい」と申し出てきたといい、その辺の事情も不明朗である。(いんば)



朝鮮ミサイル発射、 したたかトランプ、おどる安倍


 13日、朝鮮民主主義人民共和国が、12日にミサイルの発射実験を行い成功したと発表した。

 訪米中の安倍首相とトランプ大統領は緊急記者会見を行い、安倍首相は「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない」と強く批判。それに対してトランプ氏はひとこと、「米国は偉大な同盟国日本を100%支援する。」とだけ述べて、記者会見は終わった。

 この対応は、今までのアメリカとは明らかに違う。アメリカとしては朝鮮民主主義人民共和国とのケンカには乗り気ではない。安倍さんがやりたいのであれば応援します。ということだ。

 おそらくトランプ氏としては商売優先だ。もうかる話があれば即在に変幻自在の立場をとる。安倍はいずれハシゴをはずされて孤立する。       (砂山明)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
センターの移転問題で大阪府と話ました 2月14日号 働き人のいいぶん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる