働き人のいいぶん

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相は天皇を超えたのか?天皇陛下に代わって年頭所感! 1月17日号

<<   作成日時 : 2017/01/14 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍首相は天皇を超えたのか?
天皇陛下に代わって年頭所感!

画像


 毎年、天皇陛下が年初にあたって公表してきた「ご感想」が、今年から取りやめになったという。天皇陛下は高齢だし忙しいので、仕事を減らしてあげたのだという。
はたして本当にそうか?

 正月にテレビをつけてみたら、天皇の代わりに安倍首相が年頭の所感みたいなことを言っていた。顔を見るなりバシッとテレビを消したので、何を言ったか知らないが、どうせろくなことは言っていないだろう。

 それにしても、安倍は天皇の代わりに「年頭の所感」を言うようになったということは、そのために天皇に物を言わさないようにしたということではないか?

 天皇陛下は一昨年の年頭に何を言っていたか調べてみた。

 「本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。」

 なるほど、天皇は「中国侵略やアジア侵略を反省し、憲法9条を守らなあかん」ということをこれまでもくりかえし言ってきた。

 安倍にはそれが気に入らないのではないか。
それにしても、天皇の代わりに自分が年頭の所感を言うとは、どこまで思い上がっているのか?
画像

 
 日本には「天皇崇拝の右翼」がたくさんいると思っていたが、誰一人、こういう「不逞(ふてい)の輩(やから)」に対して「天誅(てんちゅう)」を下すものがいない。誰一人、声をあげない。ということは、そもそも「天皇右翼」のスポンサーが安倍一族だったということが証明されるのではないか?本当に天皇を崇拝しているのではない、自分の権威を上げるため、金のため、天皇陛下を利用しているだけの連中ということだ。安倍からコッパ右翼まで。
                        (永井)


米軍、オスプレイの給油訓練を再開!
それを日本政府「理解できる」!?


 昨年12月13日に墜落事故をおこしたばかりのオスプレイが、19日からまた飛行をはじめ、更に、事故の原因となった給油訓練も新年の6日から再開した。

 稲田防衛大臣は、事故が起きたときは、事故原因がはっきりするまでは飛行を再開しないように申し入れると言っておきながら、米軍から再開すると報告があると、何の検証もせずに米軍の言うことを鵜呑(うの)みにして、「ハイどうぞ」。6日から給油訓練をすると報告されても、「ハイどうぞ」。

 これは独立国家の防衛大臣にはとてもマネのできないあやつり(・・・・)人形(・・)ぶりだ。

 ところが驚くなかれ、1月5日、米軍が給油訓練を再開するとした前日、防衛省は、陸上自衛隊が2018年度から配備する新型輸送機オスプレイについて、空中給油訓練を実施する方針であることを明らかにした。
画像

米軍普天間飛行場に駐機する新型輸送機
オスプレイ=5日午後、沖縄県宜野湾市で

 陸自のオスプレイについて、防衛省幹部は「空中給油機能がある機種を調達する。空中給油の実施は想定している」と述べた。

 陸自は2018年度からオスプレイ17機を順次配備。2017年度予算案でも4機分の取得費を計上した。(東京新聞1月6日朝刊1面より)

 なぜこのタイミングで防衛省がこれを発表するのか?「米軍だけではなく、自衛隊もやりますよ。オスプレイを運用しようと思えば、この訓練は必要なのですよ」とでも言いたいのだろう。ようは、米軍擁護である。日本人の命や、山や海の環境を守ることよりも、米軍の方が大切なのである。

 ちなみに、2017年度予算では、最新防衛装備品として、垂直離着陸輸送機オスプレイ4機を391億円、ステルス戦闘機F35A6機を880億円、無人偵察機グローバルホークの機体構成品を168億円でそれぞれ調達する。在日米軍関係経費は、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設や米空母艦載機の岩国基地(山口県岩国市)への移駐など米軍再編関係が2413億円。日本側負担(思いやり予算)は、前年度に約42億円上積みし1962億円となった。      (いんば)


少女像が問題なのではない。
安倍政権の歴史認識こそ問題


 1月6日、釜山(ぷさん)の日本領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された。市民団体が設置したもので、市はいったんは撤去したが市民の抗議の声が大きく、また元に戻して、今は設置された状態になっている。日本政府は、これは日韓合意に反するとして韓国政府に撤去を求め、大使を帰国させた。
画像
 

 韓国の市民団体がこの時期に慰安婦像を設置したのには理由があるだろう。昨年12月、安倍首相は真珠湾に行ってオバマとともにかつての日本軍の奇襲作戦で犠牲になった米軍人を慰霊した。その時も、中国や韓国からは「中国や朝鮮半島、アジアにもたくさん安倍総理大臣が慰霊する場所はありますよ」という声がアチコチから上がった。そこへもってきて、12月29日、防衛大臣の稲田は、防衛大臣になって初めて靖国に参拝した。アジアを侵略した東条英機ら戦争犯罪者どもをおがみに行ったのだ。
画像

 
 日韓合意違反というが、あの時に韓国側が言ったのは、「適切に解決されるよう努力する」と言ったのみであり、「少女像」を撤去する義務は請け負っていない。

 今回の問題が起きた原因は、安倍内閣の間違った歴史認識とアジア蔑視(べっし)にある。韓国市民が怒るのは当然だ!日本の多くの市民は、韓国とも中国とも仲良くしていかなければ日本の未来はないと考えている。日本の良識ある市民も安倍内閣には怒っている。  
 (砂山明)




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相は天皇を超えたのか?天皇陛下に代わって年頭所感! 1月17日号 働き人のいいぶん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる